2011年3月1日

「wannabe」の意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

「wannabe」は「何々になりたい」人という意味で「want to be」という英語のフレーズに由来しています。しかし、このスラングは、単に「なりたがっている」「志望者」を意味するだけではありません。もっと厳密に言うと、「wannabe」は「今の自分とは違うものになりたい」と思っている人 です。また、その人が絶対に失敗するというニュアンスもあります。 つまり、多くの場合「wannabe」 にはネガティブなニュアンスがあって、日英辞書でよくでてくる「志望者」という定義は当てはまらないと思います。

「no worries」の意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

オーストラリアに行くと、「no worries」というフレーズをよく耳にします。「no worries」は「心配しないで」というのが基本的な意味なのですが、僕はこのフレーズを使うと、少し気分が良くなります。何故なら、「no worries」をよく使う人は、大きな出来事を落ち着いて受け止めるというようなイメージがあるからです。なので例え大変な事を頼まれても、良くない出来事が起きても、「no worries」を使うと、周囲に寛大な印象を与える事が出来るでしょう。