ディズニー英語システム

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

ディズニー英語システム
前回は、ハリーポッターのオーディオブックを聴く英語の勉強法についての記事を書きましたが、今回は、ディズニーの映画などを観る英語の勉強法についての記事を書いてみます。 最近、インターネットや友達からディズニー英語システムという勉強方をよく耳にすると聞いています。この勉強システムはトレンドになって、Disney’s World of Englishがこのシステムをベースにして英語を教える会社を創りました。この会社は赤ちゃんや幼児に向けて、ディズニー英語教材を提供しています。しかし、僕が思うには、子供か大人かは関係なく、英語を勉強するためにディズニーのようなアニメを観るのは価値観があります。

もちろん、ディズニーの映画はネイティブの子供向けですが、だからといって英語を勉強する大人が無視するという理由にはなりません。ディズニー映画には、基本的な、ネイティブがよく使う日常英語が豊富であります。それに、他の映画がよく使う複雑な専門用語があまり出てきません。
ディズニーの映画は役に立つスピーチだけではなく、覚えやすい歌が沢山あります。英語を勉強するために、歌は色んな効果があります。まず、歌はスピーチより耳に残ります。歌のリズムーやメロディーを通して、英語が吸収しやすくなると思います。最後に、歌は言葉の癖や強弱を強調するから、歌は英語のイントネーションを身につけるのに助かると思います。
もう一つのポイントは、ディズニーのキャラクターです。ハリーポッターと同じように、ディズニーの特殊的なキャラクターーは、すぐに頭に残りますので、そのキャラクターが言うことも頭に残りうります。
ディズニーに出てくる役に立つ英語の台詞
Keep your chin up!  頑張れ!
Robin Hood という映画を観たら、この頑張れという意味を持っている表現が使えるようになります。
Keep your chin up, someday there will be happiness again. – Robin Hood
頑張れ! いつか幸せがまたくるよ!
A dream is a wish your heart makes.
A dream is a wish your heart makes.は、Cindarella という映画に出てくる曲の一つです。
意味は、夢というのは、心が願うものです。
A dream is a wish your heart makes
When you’re fast asleep
In dreams you lose your heartaches
Whatever you wish for, you keep
Have faith in your dreams and someday
Your rainbow will come smiling thru
No matter how your heart is grieving
If you keep on believing
the dream that you wish will come true
Bare necessities  生活必需品
The bare necessities of life という生活必需品の意味があるフレーズは英語でよく耳にします。 Jungle Bookというディズニー映画では、Bare Necessities はBalooという熊が歌う歌です。
Balooの歌詞の抜粋
“Look for the bare necessities
The simple bare necessities
Forget about your worries and your strife
I mean the bare necessities
Old Mother Nature’s recipes
That brings the bare necessities of life”

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *