「guilty」の意味とはー裁判での使い方と感情についての使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「guilty」は有罪という意味になります。罪を犯して有罪判決を受けた場合、「guilty」を使います。

We find the defendant guilty.
被告人を有罪とします。


人の感情について話す時には、「guilty」は「罪悪感」という意味になります。その時に「feel guilty」や「feel guilty about」をよく使います。

I feel really guilty.
私は本当に罪悪感を持っているよ。

I feel guilty about not working hard enough.
私は十分努力してなくて罪悪感がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。