ナイーブとnaïveの違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

“ナイーブ“で思いつく英単語といえば、始めは、”naïve” ではないでしょうか? 
でも、このnaïve使いすぎにはご注意してください。場合によっては、英語のnaïveを使うと相手に誤解を与えてしまいます。
 まずは、日本語のナイーブはどういう意味でしょう? 皆さがご存知の通りに辞書によっては、ナイーブには “素直であるさま、
または純粋で、傷つきやすい。” という意味があります。 でも、英語のnaïveには “無邪気、単純、素朴”という意味があります。 
つまり、ナイーブは大体ポジティブなニュアンスを持っています。 一方で、naïveは大体ネガティブなニュアンスを持っています。

例えば:

Are you really so naïve?
あんたが、そんなに単純なの?

That is so naïve.
それがあまいんだ!

Naïveもたまにポジティブな意味を持っています。

Her naivety is charming.
彼女の無邪気は可愛いね

「Naivety はnaïve の名詞です」

じゃあ、ナイーブを英語で表現したい時には、何を言えばいいんでしょうか?
Innocentやsensitiveのような英単語がナイーブに一番近いと思います。 Innocentには「純粋」 あるいは 「罪のない」という意味があります。
 Sensitiveには「繊細、敏感、感じやすい、傷つきやすい」という意味があります。

He’s a very sensitive fellow, isn’t he.
彼は本当にナイーブな人だね。

It’s ‘cos I’m innocent of those sorts of things…
いやあ、私ってナイーブだから。。。

ところで、どうしてnaïve の i の上に二つの点があるかというと、naïve はフランス語のnaifに由来していることです。 
ということで、naïve は基準的な英語の発音と違って、a と i を発音する時に、連続せずに文字ずつを発音します。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • ナイーヴという単語のiの上にどうして点が二つついているのか気になって調べていてたどり着きました。ドイツ語から来たのかと思っていたらフランス語だったんですね。つづりで発音も違ってくるというのが面白かったです。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *