litの意味は、パーティーでよく使われているスラング

  
litの絵

litは最近大人気になったスラングの一つですが、実際litは100年間前ぐらいから使われています。

酔ったを意味するlit

通常、litやlit upは「明らかにする」を意味するlight upの過去形です。例えば、ある部屋は暗くて電気を点けたら、

The lamp lit up the room.
ランプは部屋を明るくした。

と言えます。

また、誰かがとても嬉しくなったときに、顔を意味するfaceとlight upは一緒に使えます。

His face lit up when he saw the Christmas tree.
彼はそのクリスマスの木を見たら、笑顔になった。

これらの使い方は標準の英語ですね。

お酒を飲んで、とても嬉しくなる時はあるでしょう。その時にスラングのlitとlit upが使えます。例えば、「酔いましょう」と言いたい時に、Let’s get lit.かLet’s get lit up.と言えます。litもlit upも同じ意味になります。

Bring the drinks. We’re gonna get lit.
お酒を持ってこい。俺たちは酔うよ。

We got lit up last night.
昨夜、めちゃお酒を飲んでいた。

楽しい場所や人を表現するlit

最近、litはより幅広い意味になりました。興奮させる楽しい場所や人を表現するためにもlitが使えます。例えば、楽しいパーティーに行ったら、以下のフレーズが使えます。

How was the party last night?
It was lit!
昨日のパーティーはどうだった?
まじで楽しかった!

そして、東京の旅行がとても楽しかった場合、以下のフレーズが使えます。

How was Tokyo?
It was lit!
東京はどうだった?
最高だった!

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ