文法

youは丁寧な英語?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
theeとthouの絵

ヨーロッパ言語の多くに丁寧形の you とインフォーマル形の you があることに気づきましたか?フランス語では、丁寧形かつ複数形の vous とインフォーマル形かつ単数形の tu があります。ドイツ語では、丁寧形かつ複数形の Sie、そしてインフォーマル形かつ単数形の du があります。ではなぜ英語には丁寧形の you が無いのでしょうか?

[adsense]
その答えとしては、実のところ英語にも you の丁寧形、複数形バージョンがありました。なんとそれこそが you だったのです。インフォーマルで単数形の you は thou でした。もしシェイクスピアの劇を読んだことがあるのなら、おそらく thou に出くわしたことがあるでしょう。
しかし、時を経て丁寧形の you がどんどん一般的になってきて、全ての場合における thou の代わりとなったのです。とても興味深いことに、英語のネイティブは古い英文学作品においてのみ thou という単語に触れてきたので、多くの人々はこの thou という単語が you よりもフォーマルな言葉だと思っています。これは、間違いですね。
thou は北イギリスのヨークシャーでは今でも時々 you のインフォーマルな形として使われています。けれどもイギリスの他の地域では、もはや thou は使われていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Leave a Reply

*