予想外の出来事について話すときのwhenの使用 – トリッキーな英語文法

  
whenの使い方

日本ではみなさんwhenの使い方を中学生の時に習うと思います。 例えばですが、以下の文章を見て下さい。
 

I like to listen to music when no one is in the house.
家に誰もいない時に、音楽を聞くのが好きです。


この文では、whenは「時」という意味になります。 この文章を理解するのは特に難しいことではないでしょう。

しかし、一年以上前に出版した僕の著書「この英語、どう違う?」の39ページに以下の文章があります。

She was listening to an audiobook when she heard her baby crying.

 
この文章に苦労した読者も少なからずいると思います。また、多くの方が以下の様に訳したほうが良いのではないかと提案してくれました。

赤ちゃんが泣くのを聞いた時、彼女はオーディオブックを聞いていた。

しかしながら、多くの英語のネイティブはこの文章の意味を違った風に解釈すると思います。実際僕は本の中で以下のように訳しています。

彼女がオーディオブックを聞いているとき、赤ちゃんの泣き声が聞こえた。

この翻訳に戸惑いをおぼえた読者がいたことは興味深いことだと思います、なぜならこれは多くの方がもう一つのwhenの 使い方について知らないということを示しているからです。よって、この記事では突然または思いがけず起こった出来事について話す時に使われる特別なwhenの使い方について説明したいと思います。

例えば、この文章を見て下さい。
 

The airplane was just about to land when it suddenly veered to the left.
飛行機は着陸する直前に急に左に方向転換しました。

 
この文章では、この飛行機は通常の着陸を実行中ですが、そこで突然左に方向転換するという異常な行動をとります。この場合のwhenは、「時」の意味ではなく日本語でいう「とすぐに」または「その時に」という意味として使われています。
 
このwhenの使い方は小説で見かけることが多いので、知っておくと便利です。通常、以下のようなパターンで使われています。
 
 

過去進行形 + when + 過去形

I was just eating my dinner when the telephone rang.
夕食を食べていると、電話が鳴り出しました。

 
このwhenの使い方は英語学習者にとって混乱をおぼえるものだと思いますが、日常の会話でとても役に立つものです。次回何か予想外のことが起こったとき、是非使ってみて下さい。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • kyaohong says:

    Hi, Luke.

    Thank you for this sentence , it is very helpful for me.
    The word ‘when’ , let me confused by second meaning.
    Your explanation is very clear and easily understood.
    Thank you a lot! ! !

コメントをどうぞ