英語でゼロを言うことはびっくりするほど複雑です。

  

僕の気のせいかもしれませんが、日本人はゼロと言う時に、世代によって違う単語を使うような気がします。年長者には「まる」と言う傾向に対し、若者は「ゼロ」と言う傾向があります。英語では、零を表す単語は三つあります。それはzero、nought、ohです。しかし、国によってゼロを表す単語は異なります。たとえば、イギリス人はよくnoughtとohを使う一方で、アメリカ人はよくzeroを使います。以下の電話番号を例にみてみましょう。

845 9034

アメリカ英語:eight four five – nine zero three four
イギリス英語:eight four five – nine oh three four

通常、イギリス人は誰かに電話番号を教える時には、oh を使います。アメリカ人はよく zero を使います。たまに、アメリカ人も oh を使います。

ohは口語なので、文章ではあまり見かけません。もしohを書きたい場合、ohかoというスペルになります。

845 9004

アメリカ英語:eight four five – nine zero zero four
イギリス英語:eight four five – nine double oh four

電話番号に二つのゼロがある場合、アメリカ英語で、zero zero と言う一方で、イギリス英語では oh oh もしくは「double oh」とよく言います。これは「二つのゼロ」という意味になります。この double oh は格好良く聞こえるので、自分の電話番号に「0 0」がある場合、今度使ってみて下さい。ちょっとジームス・ボンドの007のdouble ohに似ているでしょう。

小数点以上のゼロと以下のゼロでも異なります。

次に、小数点をみてみましょう。ゼロの場所によって、言い方が異なります。

小数点の前の場合、アメリカ人はよくzeroと言います。イギリス人はよく noughtと言います。0.21を例として挙げます。

アメリカ英語では通常 zero point two one と言います。
イギリス英語では通常 nought point two one と言います。

小数点以下はアメリカ人はohかzeroと言います。イギリス人は主にohを使います。2.01の言い方をみてみましょう。

アメリカ英語とイギリス英語 two point oh one
アメリカ英語 two point zero one

この説明から見ると、英語でのゼロの表現はびっくりするほど複雑ですね。ですから、これは悩みの種になりそうと思っている方はゼロだけを使ったほうがいいと思います。

僕は、日本語で零を表わしたい時に「まる」を使います。何故か僕の耳には、よりカッコよく聞こえるからです。みなさんにとって、どの言い方の英語が良いでしょうか。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • ヒロモチ says:

    そういえばイギリスの007はdouble-Oh-7ですね。

  • wannabe says:

    イギリスでサッカーのスコアが1-0だと「one nil」ですね。
    アメリカだとスポーツのスコアでゼロはnothingかな?

    • Luke says:

      スポーツによって使い方が異なります。テニスはlove、サッカーはnil、zeroを使っているスポーツもあります。

  • Anonymous says:

    日本語でゼロは「れい」という時もありますね。

  • ★Mika says:

    Hi Luke,

    I think you can’t decide whether which Japanese would say ” Zero ” or not.
    You explained that some younger Japanese would say “Zero”.Your explanation does not make sense on the point.

    Both “Zero” and “Maru” are right words in Japanese.
    But,the choice is depend on the object.
    Basecally,both are no problem.

    For example,if you live in an apartment and your room number is ” 107 “,
    you can say ” ichi,Maru,nana “.
    The other hand,if your room number is ” 1007 ”
    you can easy to say as also ” ichi, Zero, Zero,nana “.

    Anyway,you said you prefer to say ” Maru “.
    You might feel traditional Japanese way of express about the word.

    I hope you will keep your way.
    Don’t forget you have half European blood.

    By the way,
    Do you know where “0” come from?

    The Digits are not the same meaning as Numerals.

    “Numerals”=”Hindu-Arabic Numerals” =0 to 9

    So,”Numerals” comes from Hindu in India.

    As for “Digits”,the Digits exist more than 9.

    The Digits = Column:

    ・Ones
    ・Tens
    ・Hundreds
    ・Thousands
    ・Ten-Thousands
    ・Hundred-Thousands
    ・Millions
    etc.

    The numerals putting in the each column places
    =” place value “《数学》桁の値

    So,Digits represent also Numerals.

    In the case of phone number or something,
    I would say also ” Double Zero “.

コメントをどうぞ