シャッターのバグではないshutterbugの意味とは

  



今日は、shutterbug についてですが、カメラのシャッターのバグについてではありません。shutter「カメラのシャッター」と、bug「病気」、「虫」が組み合わさって出来た shutterbug は、「写真を撮るのが大好きな人」という意味になります。

I guess I am a bit of a shutterbug.
私は写真を撮るのにハマっている。

There are a lot of shutterbugs in Japan.
日本にはカメラオタクの人が沢山いる。

しかしなぜこのような場合に bug を使うのでしょうか。実は bug はよく以下のように使います。

I’ve caught a bug.
風邪をひいた。

それなので、趣味などの話題の場合「風邪をひいたかのように趣味にハマった」という意味になります。

I’ve caught the stamp collecting bug.
僕は切手収集マニアになった。


記事の著者:ルーク

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです! 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。皆さん、これからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ

*