poshという英語でイギリスの階級制度を理解しよう

  

基本的に posh は、「上流階級の」という意味になります。意外かもしれませんが、イギリス人は現在でも階級について考えています。たとえば初対面の人と話す時、その人がどの階級かを無意識に考えてしまう人が多いと思います。昔のイギリスでは上流階級に憧れを抱いている人が多かったので、上流階級でない人でもクイーンズイングリッシュを話し、上流階級の真似をしていました。しかし、現在は上流階級より労働者階級の方が格好良いというイメージがあるので、多くのイギリス人は方言を話したりもします。それなので、現在 posh を褒め言葉で使うことはほとんどありません。

posh のイメージは、上流階級でクイーンズイングリッシュの発音を使っており、私立学校に通っている、または私立学校出身の裕福な人々です。イギリスでは、階級や地域により発音の違いがあるので、私立学校では教師からクイーンズイングリッシュを話すように言われます。

Stop pretending you’re posh.
上流階級の真似はやめて。

You can tell that she went to a posh school.
彼女を見ると、裕福な学校出身だと分かる。

My uncle is a very posh bloke.
僕の叔父はとても気取った男だ。

また、イギリス人の発音について話す時にも、posh をよく使います。

My friend speaks in a posh accent.
友人は上流階級のような発音で話す。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ