hell yeahの意味とは ー プロレスラーが生み出した勢いあるスラング

  

今回紹介する hell yeah というスラングは、ストーン・コールド・スティーブ・オースティンというプロレスラーが生み出しました。元々、hell yeah はプロレスファンの間のみで使われていましたが、現在はプロレスファンのみならず、日常的に耳にします。アメリカのテレビドラマや音楽が好きな人は、既に hell yeah を耳にしたことがあるかもしれませんね。

hell yeah は、yes のスラングの yeah と、「地獄」を意味する hell から成り立っていますが、hell を使うことによって何かを強調することが出来ます。ですので、hell yeah は yes の意味に似ていますが、ただ単に yes と言うのではなく、興奮気味で勢い良く yes と言いたい時に使われています。

しかし、 hell は下品に聞こえるので、使う場面や相手には気をつけて下さいね。ネイティブはこのスラングを友人に対してよく使います。

Are you guys ready?
Hell yeah!
みんな準備できた?
完璧!

Hey, would you like to go to Las Vegas with me?
Hell yeah.
一緒にべガスに行かない?
もちろん!

Katy Perry’s new song is so awesome.
Hell yeah!
ケイティ・ペリーの新曲超ヤバいね。
間違いない!

そして、何かを強く否定したい時には、 hell no というフレーズが使えます。

Do you like that movie?
Hell no!
この映画好き?
全っ然!

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ