Breaking Bad ー 様々な専門家が賞賛した話題の海外ドラマ

  

皆さんは、Breaking Badというアメリカのドラマをご存知ですか?Breaking Bad は、Sopranos や The Wire というドラマに並び、この10年間でもっとも評価が高いアメリカのドラマだったので、僕はとても興味を抱いていました。そして昨年の夏頃見始めたのですが、まさに病み付きになってしまいました。

Breaking Badの主人公は高校の化学教師です。アメリカの化学教師は固いイメージがあり、主人公も例に漏れず真面目な人間なのですが、物語が進むにつれ彼がどんどん変わっていく姿は必見です。中でも度々登場する、麻薬密売人を知恵で出し抜くシーンは非常に面白いと思いました。

僕はこのドラマのタイトルを初めて見た時に、breaking badは変な英語だなと思いました。このような英語は日常会話で聞いたことがなかったのです。「法律を破る」を意味する breaking the law や、「限界に達する」を意味する reach a breaking pointというフレーズ を連想しました。

しかし、breaking badを調べてみると、米国南西部のスラングだと分かりました。意味は、「普段法律を守っている人が、法律や倫理を気にせずに羽目を外す」というようなものです。

One day, I just decided to break bad.
ある日、僕は突然羽目を外そうと決めた。

Come on, man. Let’s break bad.
どうした、はっちゃけようぜ。

I went out with my buddies and broke bad for a change.
仲間と遊びに行って、いつもと違って悪ふざけをした。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ