魔法と呪文に関する様々な英語

  


もうすぐハロウィンなので、今回は魔法に関する英語を紹介します。ハリー・ポッターを英語で観た方は多いと思うので、Hogwartsではwizardry とwitchcraftを教わっているということを聞いたことがある方もいるでしょう。英語での魔法についての単語の意味合いは、本や映画によって少々異なります。例えば、ハリー・ポッターでは、wizardryは男が使う魔法、そしてwitchcraftは女が使う魔法です。しかし他の本では、witchcraftは魔女が使う魔法のことを指します。

magic   この単語は広い意味で使われて、魔法も手品も含まれます。

magician  magicをする人はmagicianと言います。日本でのマジシャンは手品師ですが、英語では魔法使いも含まれています。
wizardry  wizadryはmagicに似ていますが、魔法のみを表すので手品という意味では使われません。
wizard  魔法使という意味で、wizadryを使う人はwizardと言います。


以下の魔法は悪い魔法、いわゆる闇の魔法になります。このような魔法はヴォルデモートが使いそうですね。例えば、

.

necromancy  

降霊術

.

necromancer  

降霊術を使う魔法使い

.

sorcery 

黒魔術

.

sorcerer 

黒魔術を使う男の魔法使い

.

sorceress  

黒魔術を使う女の魔法使い

.

the black arts  

闇の魔法

witchcraft ハリーポッターでのwitchcraftは普通の魔法を指しますが、通常のwitchcraftは悪い魔術で、ほうきに乗った魔女が使う魔術というイメージです。

.

witch 

魔女

.

warlock

魔女の男バージョン

魔法に関する他の英語

.

alchemy

錬金術

.

alchemist

錬金術師

.

voodoo 

ブードゥー教

.

paranormal activities 

これは魔法だけではなく、幽霊やUFOなどの超常現象も含まれます。

.

conjuring

手品のネタ

.

conjure  

手品師 

次は魔法使いがよく使うツールについての英語を見てみましょう。

.

a magic wand 

魔法の杖

.

a cape

マント

.

a magician’s hat

魔法使いの帽子

.

cauldron  

大釜

.

broomstick

ほうきの柄

.

witch’s brew  

魔女の秘薬

.

magic potion

魔法薬

.

aphrodisiac

媚薬

以下は呪文の種類についての英語です。

>

.

spell  

呪文

.

incantation  

儀式で唱える呪文

.

ritual, ceremony   

儀式

.

charm

弱い呪文

.

enchantment      

人を言いなりにする魔法の呪文

.

conjuring, trick

手品 これは魔法ではなく手品です。

次は魔法に関するフレーズを紹介します。

cast a spell 魔法をかける

Hermione cast a spell and suddenly Ron turned into a mouse.
ハーマイオニーが魔法をかけたら、ロンは突然ネズミに変身した。

put somebody under a spell  呪縛する

I was put under a spell by a wicked witch.
私は悪い魔女に呪縛された。

put a curse on somebody 誰かに呪いをかける

The wizard put a curse on me, and I turned into a toad.
俺は魔法使いに呪いをかけられて、ヒキガエルに変身してしまった。

perform a magic trick  手品を披露する

The conjurer performed a magic trick for the children.
手品師は子供のために手品を披露した。

魔法をかける時には呪文を唱えますが、今から紹介する三つが有名でしょう。僕は子供の頃これらを唱えてみましたが、なかなかうまくいきませんでした。

abracadabra:日本でもおなじみのこの呪文はよく聞きます。特にイギリスやアメリカのマジシャンは、子供達のパーティーで必ずと言っていい程この呪文を唱えます。

hokus pocus:この呪文は魔法使いが何かを変身させる時に使います。

open sesame:この呪文はドアなどを開けたい時に使います。アラビアの精霊はこの呪文をよく使うようです。皆さんも子供の頃、一度は「開けゴマ」と言ったことがあるのではないでしょうか。

そしてshazam – shazamという英語は、呪文というよりは魔法がかけられた時に出る音です。例えば魔法の杖から出る音なんかですね。

以下の呪文はシェークスピアのマクベスという舞台に出てくる、儀式で唱える呪文を意味するincantationです。

Double, double, toil and trouble
Fire burn and cauldron bubble
ダブル、ダブル、二重のトラブル
火が燃え大釜がフツフツいう

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • Ashley says:

    初めまして、
    拝見させて頂き、とても為になっております。ありがとうございます。

    sorceressは、黒魔女との事ですが、
    白魔女は、なんて言うのでしょうか?
    よろしくお願いします。m(_ _)m

コメントをどうぞ