「in da house」の意味、DJがよく使っている英語のスラング

  

「in da house」はヒップホップでのスラングで、「ここにいた」や「ここに来た」という意味になります。「in da house」の「da」は「the」がなまったもので、イメージとしてはジャマイカの英語に聞こえます。多くの場合「in da house」の「house」はクラブを意味します。たとえば、「Dave」というDJが登場した時、音楽をかける前に自分の名前を使って以下の事を言いそうです。

Hey you all. Dave is in da house, yo!
よぉみんな!ディブがここに登場だぜ!

また、テレビ番組などでDJやヒップホップのアーティストにインタビューをする時にも司会者が「in da house」とよく言います。

Tonight, David Guerra is in da house!
今夜、デイビットグエラーがここに来るよ!

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ