「viva」の意味、「Viva La Vida」に出てくる「viva」はどういうふうに使われているのでしょうか

  

「viva」という単語はイタリア語とスペイン語ですが、英語でも「viva」を使います。「viva」の本来の意味は「生きる」ですが、使い方としては「万歳」に似ています。「viva」はよく王や独裁者などに言います。これらの人がスピーチをする場では、たまに「viva」と叫ばれます。たとえば、

Viva the Queen!
女王陛下万歳!

Viva Berlusconi!
ベルルスコーニ万歳!

通常の英語では、「long live」といいます。

Long live the queen!
女王陛下万歳。

「Coldplay」というバンドの、「Viva La Vida」という曲がヒットしましたが、。「Viva La Vida」はスペイン語で、英語では「Long live life!」という意味になります。邦題は「美しき生命」でした。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ