「keep it real」の意味と使い方  ネイティブはいつこのフレーズを使うのでしょうか

  

「keep it real」というフレーズはヒッピーの考え方に基づいていると思います。誰かに、「keep it real」と言うと、「自分だけに大事なことを大事にしてよ」という意味になります。例えば、お金、名声、仕事などではなく、友達、愛、人間関係、自分の夢などをを大事にして下さい。また、「自分らしく人生を送ってよ」、「自分だけの生き方を見つけてよ」という意味にもなります。そこで、「keep it real」は「be yourself」や「do not be fake」という英語のフレーズに似ているでしょう。

Hey man, you got to keep it real. You got to keep it sane!
よ、格好つけるなよ。現実的になれ.

それで、「keep it real」は格好付けている人や誠実じゃない人に言います。しかし、現在は「keep it real」はたまに別れ言葉としても使われています。つまり、「またね」の意味で「keep it real」を使うアメリカ人が多くいます。この使い方は「be cool!」に似ているでしょう。

See you, then.
Yeah, keep it real man.
じゃあね。
うん、元気でね。

それで、「keep it real」は「自分らしくしよう」という意味になりますが、実際「keep it real」の意味を考えずに適当に使っているネイティブが多いと思います。

10月6日に「英語 with Luke」の新しい本、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(本体740円+税、大和書房刊)が出版されます!今書店には置いてあります。こちらのリンクからAmazonで買うことができます。  発売から1週間たたずに増刷となりました!

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ