「dis」や「disる」の意味と使い方 ー  英語のスラングか? 和製英語のスラングか?

  

インターネットで「disる」という言葉を見たことがありますか?「disる」は日本語のインターネットスラングですが、英語の「dis」や「diss」というスラングに由来します。「dis」は「to disrespect」の略語で、「貶す」や「侮辱する」という意味になります。「disrespect」は「respect」の反対語ですね。「dis」は通接頭辞で、日本語の「無」と同様に言葉の意味を逆にします。しかし、「dis」というスラングでは、接頭辞が動詞として使われています。「dis」は激しい音 からです。「dis」は普通の動詞として使われているので、「dis」の過去形は「dissed」です。ちなみに、英語では「dis」というスペルより「diss」が一般的に使われています。


(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

I got dissed so bad I turned red.
めちゃ侮辱されて、赤くなった。

つまり、相手があなたを侮辱する時もしくは尊敬していない時には、「diss」は適切です。「diss」はヒップホップの英語というイメージがありますが、アメリカ全体で使われています。僕の高校では、友達はたまに以下のようなことを言っていました。

Don’t diss me or I’ll kick your ass!
俺を侮辱すると、お前をぶっ殺すぞ!

日本語の「disる」や「ディスる」は英語とほぼ同じで「貶す」という意味になると思います。

孝志はよくAKB48をディスる。
Takashi often disses AKB48.

「disる」や「ディスる」を使えるなら、簡単に「diss」という英単語も使えるでしょう。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ