「wild」の意味と使い方、ネイティブのスラング辞典 

  

「wild」というスラングは「crazy」と似ています。まず、「a wild person」にはどんなイメージがあるでしょうか。「a wild person」は「とても活発で危ないことや馬鹿なことをしたりするけれどとても面白い人」を指します。

つまり、多くの場合「wild」は褒め言葉として使われているのです。また、大胆なことをする時にも「wild」を使います。通常、この使い方も良い意味になります。


「wild」を使う表現は「get wild」や「Wild West」があります。まず「the Wild West」とは、カウボーイが多くいるアメリカ西部のイメージです。次に「get wild」は「wildになろう」という意味になります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1.That is wild!I can’t believe you did that!
それは大胆だね!本当にそんなことしたなんて信じらんない!

2.He is so wild!
彼ってとっても面白い人なの!

3.He is a bit on the wild side, but very nice.
彼はちょっとヤンチャだけど、すごく優しいよ。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ