「no rain, no rainbow」というフレーズの意味

  

「no rain, no rainbow」というフレーズは「雨が降らなければ、虹は出ない」という意味になります。「no rain, no rainbow」は努力しないと、いい結果が出ないという考え方を表します。また、目的を遂げる前に苦しまないと行けないという考え方です。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

I had to work so hard to achieve this.
Well, as they say, no rain no rainbow.
これを遂げるように、とても頑張ったよ。
よく言われるように、雨が降らなければ、虹は出ないよ。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ