Catch upの意味

  

まず「catch up」の基本的な意味に集中しましょう。 それは「追いつく」
という意味です。これについては説明する必要はないと思います。この言葉
はよくスポーツ番組で使われています。例えば、ランニングの場合、以下の
ような英語をよく聞きます。

1. She’s suddenly picked up her pace now, and I think she’s going to catch up
with the runner ahead.
彼女はペースを上げたから、前のランナーに追いつくと思う。

久しぶりという意味でも「catch up」を使えます。このイディオムはよく英文レターに出てきます。

2. Hey John, we’ve got a lot to catch up on.
ハロージョン、久しぶりに会ったから、話したいことが沢山あるよ。

昔、よく会っていた友達同士が、いつから連絡を取らなくなり、交流が途絶
えてしまいました。知らない状況です。会った時などに、このイディオムはぴったりです。

日本語に当てはめると、「久しぶりに語り合おうよ」という意味になりま
す。 「私はいろいろあって、あなたにもいろいろあったでしょうから、
いつか話したいですね」という感じです。似ている英語だと, 「it’s been a
while」、「long time, no see」,「it’s been ages」が適切だと思います。

この表現は以前頻繁に連絡を取りあっていた友達に対してしか使えません。
「catch up」の後に「with」あるいは「on」がよく付随しています。「on」
は話の主題や内容に関わる時に使います。一方、「with」は人や相手に関わ
る時に使います。

3. I want to catch up with you sometime.
久しぶりだから、いつか、あなたと話したいな。

4. There’s a lot that I want to catch up on.
久しぶりだから、話したいことがいっぱいあるよ。

他に、仕事や宿題に関しても、「catch up」がよく使われています。例え
ば、ある生徒が学校をサボっていて、宿題や勉強を全くせず、久々に学校に
戻ったら、山積みになった宿題に追われています。このような場合、次のよ
うな表現が適切です。「He’s got a lot of studying to catch up on.」

5. I’ve got tons of work I have to catch up on.
仕事が山のようで、やらなければならないことがいっぱいあります。

「play catch up」というアメリカの言い回しもあります。主語は通常「人」
あるいは「会社」で、「時間を無駄にして、取り残されてしまったので、遅
れを取り戻すために頑張っている」という意味です。

6. Right now, the company is playing catch up.
現在、その会社は巻き返しを図っています。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • yasuko tanaka says:

    I found this expression is very usuful. I am going to see a good friend in Nagoya tomorrow . We will meet after two months apart. So I am excited to catch up with her. Thank you.

コメントをどうぞ